あとから飲む

 cure

アフターピルは避妊に失敗してから72時間以内に飲まなければ避妊効果がなくなってしまいます。さらに避妊に失敗してからアフターピルを飲むまでの時間が遅くなればなるほど避妊効果は低下してしまうと言われているため、病院が休診の日はアフターピルの処方をしてもらえなくなってしまいます。そんなときのために自分でアフターピルを購入しておくという方法があります。病院からの処方ではなく、個人輸入代行サイトを利用して、事前に購入しておくのです。これならば避妊に失敗した場合にでもすぐに飲むことができるので、妊娠する確率を低下させることができます。さらに病院で処方してもらうよりも安く手に入るというのもメリットになります。

アフターピルは日本語のサイトで日本円で注文したとしても、海外から発送されてくるものです。そのため、避妊に失敗したから注文しよう、というのでは遅すぎます。発送先の国や時期によっても大きく違ってきますが、2週間程度の時間がかかってしまいますので余裕をもって購入しておくのが安心です。また、個人輸入は自分で使う分だけならば海外から医薬品を購入しても良いということで行えるものです。友人の分とまとめて一緒に購入すると送料などもお得になるから、といった理由で購入するのはやめておきましょう。大量の購入の場合には税金がかかってしまうこともあり、せっかく安くアフターピルを購入できる個人輸入なのに逆に高くなってしまったということもあり得ます。